世界5か国特許のくせ毛ブローレスカット「キュビズムカット®」で髪の悩みを解消。また、足反射区療法(足つぼマッサージ)と正しい歩き方、正しい靴選びでカラダの不調を解消します。

くせ毛カットとベネシュ式フットケア – 熊本・宇土 美容室シェーシェ

『共感』と『同情』は、似て非なるもの

time 2020/01/17

『共感』と『同情』は、似て非なるもの

心理学では、悩んでいる相手に、やってはいけない行為の一つに『同情』があげられます。

一見、同情する事は良い事のような気がします。
似たような感情に『共感』が有ります。
『共感』誰かと感情面でつながる事。
『共感する』という行為で大切なのは、相手を評価しない事。相手の気持ちを心から理解しようとする事。
『同情』不幸な状況においても(不幸中の幸い)を見つけようとする事。他人を踏み台にした自尊心の充足。
『同情する』という行為は、偽善の心、他人の不幸から自分の幸いを見る事。
かわいそうと言う言葉の中に有るのは『同情』
もちろん、無意識です。
今日1/17は25年前、阪神淡路大震災が起きた日です。
災害が相次ぐ今、テレビを見ながら『かわいそう』と呟いてしまう。
その中に『自分で無くて良かった』と言う、無意識の思いがあるようです。
『かわいそう』と言う言葉に違和感を持ち続けてきました。
かわいそうと言う変わりに、自分の身の上に起きたかも知れない災難を肩代わりしてくださった方々に、ありがとうございますの思いを込めて、自分に出来ることをしようと決意したのは熊本震災後の事です。
そういう災害に遭って初めて.何気ない日常の有り難さに気付きます。
『当たり前』と思って過ごす日々の何と尊かったことかを。
『当たり前』の反対は『ありがとう』なのだと、この事を知ったのも熊本震災後です。

くせ毛の悩み改善方法ホームページは、この青い文字を押してください

身体の歪みを矯正するベネシュ矯正靴ホームページは、この青い文字を押してください

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

down

コメントする




関連記事

カラー

キュビズムカット

キュビズムパーマ

シャンプー

セット

ひとり言

ヘナ

着付け

美髪再生デトックストリートメント

足反射区療法

電子トリートメント

プロフィール

美容室シェー謝

美容室シェー謝

[ ご予約・お問い合わせ ]
TEL 0964-23-6110
※完全予約制
営業時間/AM9:00~PM6:00(日曜日はPM5:00まで)
定休日/不定休
住所/熊本県宇土市松原町25-10

投稿履歴

一般社団法人キュビズムカット協会