世界5か国特許のくせ毛ブローレスカット「キュビズムカット®」で髪の悩みを解消。また、足反射区療法(足つぼマッサージ)と正しい歩き方、正しい靴選びでカラダの不調を解消します。

くせ毛カットとベネシュ式フットケア – 熊本・宇土 美容室シェーシェ

寝ぐせの対応

time 2020/02/20

寝ぐせの対応

『寝ぐせ』がついて、跳ねた髪のまま職場へ行ってしまうと仰るお客様です。

シャンプー後に完全に乾かしているかどうかで違ってきます。
色んな方のお話を聴く限りでは、意外と多いのが『ある程度乾いたから終わり』
統計的に、乾かしにかける時間は5分くらいが一番多いと聴いています。
今日のお客様のお話を聴くと、ある程度乾けば終了してましたと仰います。
髪は、完全に乾いた状態と濡れている時は形がつきません。
乾いていく途中で形がつきます。特に、もう少しで乾く時が一番形がつきやすいと思います。
この一番形がつきやすい時に寝んだら、はい、その時の状態で乾いて形がつきます。
髪の根本を立ち上げて乾かしても、内側が湿ったままだとするならば根元はペッタンコに潰れて跳ねやすい髪を作ります。
私は、地肌を殺菌すると言う意味からも、髪は完全に乾かしたが良いと思っています。
根元が立ち上がるから毛先は内に入るのです。
シャンプー後の乾かし方を簡単にして朝から手直しをするよりも、シャンプー後の乾かし方をしっかりする方が時間も短く、素敵なヘアスタイルが出来ると思います。
補足です。
髪がペタンコになり易い、帽子の跡が付き易い、寝ぐせが付き易い、こういった原因はシャンプー次第で大きく変わるように思います。